NEWS

ARCHIVE

2020年1月20日 23:48
2/10 performance「下水道遊泳」幡ヶ谷ヘビーシック, 幡ヶ谷

81360008_971518796553678_8774001604517953536_n.jpg

下水道遊泳 2020.2.10(mon) @幡ヶ谷ヘビーシック 19:00 open charge 2500yen ドリンク別 出演 3代目DJひょっとこ ミナミリョウヘイ ぽつねん タカダアキコ GAYA


2020年1月20日 23:32
1/25 DJ「坪内あつし ブッシュマン編・旅の上映トーク&ソロライブ」廃材エコビレッジゆるゆる, 綱子市藤野
77392576_2818560274841385_1877072051777306624_o.jpg

2020 / 01. 25 (sat) 
世界を旅する音楽家 坪内あつし
「人類の始源へ〜アフリカ・ブッシュマン編 旅の上映トーク&ライブ」

◆イベント自体はアーティスト支援で投げ銭スタイルです。
坪内あつしに是非熱い投げ銭1500〜お願いします!

◆廃材エコヴィレッジゆるゆる
 相模原市緑区牧野10049
 https://goo.gl/maps/gPjxCXPgurK2
 080-4144-3588(ゆるゆる村長)


音楽家の坪内あつしは、音楽を探求して世界各地の民族を訪ねる旅を続けています。そして自分と世界の音楽を融合して新たな音楽を産み出すため、現地の音楽家と共演し、録音する活動をしています。これまでアジア各地の伝統音楽との共演を重ねて来ましたが、今回は全人類の祖先と言われる、アフリカの先住民、ブッシュマンの地を旅して来ました。

南部アフリカに広がるカラハリ砂漠。その乾いた大地に住むブッシュマンの人々は、数十年前まで、石器時代から変わらない移動型の狩猟採集生活を続けてきました。しかしそのブッシュマンが持つ文化とは、原始的で野蛮なものなのか?というと、彼らは、世界一発音の種類が多くて難しい言語を持っているなど、実は高度に洗練された文化を持っている事が分かっています。それでは彼らの音楽やダンスは一体どのようなものなのでしょうか?これまでほとんど記録されなかった、その未知なる音楽やダンスに出会うために、彼らの土地へ向かいました。

南アフリカを出発して、ボツワナ、ナミビアへと、映像作家の友人と二人でカラハリの大地を4WDで約5000km走り、18日間キャンプをしながら各地のブッシュマン達に会いに行きました。そして訪れた村々で様々な音楽や踊りと出会い、その全てとセッションしました。彼らの音楽文化は予想を上回る豊かさで、複雑な拍子のリズムや、繊細な音使いの音楽も多く、プリミティブな質感でありながらとても洗練された、驚くべきものでした!

特に彼らの文化の中心となっている、音楽、踊りと治癒が一体となった「ヒーリングダンス」は他に類を見ず、しかしながら世界中で見たあらゆるものが統合されたような、究極的なものでした。ただただそこに広がる大地と星空。そこに火を焚き、それを囲み、手を叩き、歌い、足で大地を踏み鳴らし、踊る。それぞれが全体の一部となり、全体が宇宙を成す。その中でダンサーであるヒーラーが「ヌム」という宇宙的なエネルギーを高め、身体を震わせ踊り、トランスに入り、動物と一体となり、肉体を離れて神と対話しに行き、病気を治療し、皆を癒す。。

驚きと発見の連続の旅でしたが、この一万年の間に現代人が失った、それよりずっと長い歴史の中で培った叡智を継承した人たちが今も生きているという事に、旅の最後には大きな安心を感じました。

そして私達は、この先どんな未来を切り拓き、どう進化して行くべきなのか?ブッシュマンの文化は、その問いに対する重要な鍵となり得るでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このイベントは、旅の体験をシェアするための写真/映像の上映とお話、そして坪内あつしのソロライブの、二本立てで行います。


これまでのCD作品と民族雑貨を扱う「つぼたび商店」も出店します。

今回現地で録音し、制作した新作CDRアルバム『ブッシュマンと坪内あつし』をリリースします!

ブッシュマンの民芸品も展示販売します。

<詳細>
当日極寒中祭りハイサイ開催です!
1日楽しめます。
泊まる場所もありますので寝袋持参

◆タイムスケジュール

12時 OPEN ゆるゆるっとマルシェ開始 
13時 アフロ湘南
14時 ☆坪内あつし上映&スライドトーク
16時 ☆坪内あつしソロLIVE
18時 りゅうじゅ&梁川土人倶楽部
19時 MAYAKASHI
20時 BANANAperry
21時 mogura
22時 ネコグスとおる 
23時 ラジオゆるゆる横丁





PAGE TOP