BLOG

CATEGORY

ARCHIVE

2010年3月28日 23:52
別府から東京

別府から東京に帰ってきた
3月の10日からレジデンスという名目で滞在していた別府というタウンは
なんともおかしなよい感じにおわってるゆるさを感じた
夜の商店街は毎日飽きない散歩が待っていて
何回も何回も声を掛けてもう顔も覚えてるやろうはずやのに
毎日ソープの呼び込みおばちゃんが「いっとく?」てご挨拶してくる
つかれて行かんかったけど一回くらい行っとけばよかったなぁ
連なる閉められたシャッターに描かれた世界各国の絵の前を
酔っぱらいが往来し風呂桶を持ったじいちゃんばあちゃんがその横をスルー
看板に書かれた名前と違う名前で営業しているスナックでコントをし
夜中にアパートに帰って絵本を作った日
別府の商店街から発展する夜は地酒をおちょこに注ぐような音を持っていた

別府タワーでは19、20、21日と連続でイベントにパフォーマンス出演し
新たな発見あるいは進化が自分の表現の中に垣間みえた気がしましたかな
19日はペインターの八雄とのデュオでSEXUALという名で公演
八雄が作り出す色彩の火炎放射的ペインティングの前で僕が
おもちゃと会話をしたらばそれを身体に昇華させ舞う、そして弾き語り唄う
静寂が絵に音楽を与え、歌が空間を静寂にする事を覚えた
20日は完全にエンターテイメントで華やかなライヴやった
本武史(Dr)× カマノマリコ(Sax)のデュオに途中から参加セッション
彼らは学生時代からの友達やけども改めてすごいパフォーマーやと思った
この二人とやるにはオモシロい事に徹しようと思い
当日の昼にリサイクルショップで見つけた肩パットの立派な婦人服の黄色いジャケットを見て
Kinki Kikkiの名言「ジャストフィットする肩パット」を思い出しライヴ衣装に購入
名言「ジャストフィットする肩パット」を10分間連呼、会場激あがり
ラップクッカー村上のライミングの後ろでひたすら意味のないポージングを決め続けたら
最後にちんどん行進して終了というなんとも楽しいライヴになりましたなぁ
21日はソロのペイティングパフォーマンス
ペインティングナイトと称されただけあって
この日のイベントは会場の壁中養生シートだらけ段ボールキャンバスだらけ、、
僕は違う事をしたかったのでフロアに2畳分ほどの紙を貼りその上で描いた
描いたというかクレパスを使った即興コントみたいなものをやりたかったの
だからほとんど一人芝居に近いようなものでした
最後に赤い絵の具でいっぱいチェリーを描いて「a lot of cherrys」て言うて
駄菓子の「蒲焼きさん太郎」をのせて食べる事だけを決めてあとは全部クレパスを使って芝居に徹した
これがものすごく楽しかって新しかって気持ちよかったみんなも良かったて
そんなわけであれこれあって発見もしましたし勉強にもなった
そして
最終日最後にみんなで踊った盆踊りに涙の匂いがした
ケロリンの桶で作られた200個もの提灯があまりに眩しすぎた

今回のBeppu Projectで知り合ったたくさんの人にありがとう
わくわく作家の群れの中にほんとに心から属していたとはいえないかもしれないけど
組織的な大きな群れに苦手意識をもっている事は否めないけれど
心から魅了され尊敬に値する人間に出会えた事はすごく大きい
経験値もかくんてまた上がったのかもしれないし
別れという音をまたひとつ受け取ったという事は確かなんやなて実感する
別府を離れるフェリーから見える個々の出会いの物語にいちいち浸ってまう
僕はそんな個々の物語が好きや

ただフェリーは大阪へと向かって行った

そして京都に寄りここでもまた新しい事が起きようとしている現場に触れる

そして東京に戻り、東京国際アニメフェアーに顔を出し六本木アートナイトに遊びに行くと都会の着物がまたすぐに僕の体を腐食しはじめる
そしてこれも楽しいてまた思い出すんやなやっぱり

2010年3月15日 11:10
別府の日々

ただいま別府でレジデンス
BEPPU PROJECT 2010も賑わしくなってまいって
馴染めなかったのぬるかったりつめたかったりする風と
熱いね少しね温泉がよ1日2回くらい入って
ラクト珈琲飲んでビール飲んで
制作制作制作してすごす毎日お湯割り焼酎いも
わくわくアパートメントはおいしすぎる料理が毎夜笑わせてくれる
ほんでもって100円なりおかしいよなぁ
成人映画館もストリップ劇場も広すぎる古い帽子屋さんもso goodで
歩くだけでいちいち良い別府の商店街近辺
やっとなれてきました
14日は1日中よ町のいたるところで関連企画のダンスが繰り広げられて
踊りに行くぜ!! vol.10
そりゃ豪華な贅沢な笑って感動して魅了されたわけで充実
とくに旧A級別府劇場てとこで公演された関かおりさんの「ゆきちゃん」て作品
その身体表現たるわ昆虫そのものやったすばらしかった
ところでその前の日は13日は
京都のかれこれ10年くらいの付き合いの生絵描きハチオと
別府タワーでセッションでした
僕は今回描くのでなく
ハチオのペインティングパフォーマンスを背に
即興演劇に弾き語りを混ぜたパフォーマンスてかたちのライヴでした
たのしかったー気持ちよかった
とてもセクシャルなこころもちをぺたぺた食べていく食事のような気分やった
制作もとりあえず一段落しそうで
あとは残す別府タワーでのライヴに備えて準備だわざわざわいそがしいそがし

19日 ハチオ&みなみりょうへい(即興演劇)

20日 本武史とカマノマリコとハチオとみなみりょうへい(バンド)

21日 遠藤一郎/GETT/マッドライス/みなみりょうへい(ライヴペイント)

たのしみなのです

R0043688.JPG
R0043665.JPG
R0043700.JPG
R0043717.JPG
R0043720.JPG

2010年3月 7日 17:56
ふつうのにっき

3月6日の朝スーパー「ハロー」の前をいつものようにりょうへいが登校していた
いちばん大きい交差点でいろんな友達と合流しだして歩道を目一杯横に並んでしゃべり歩きしていたら
空からふわふわおばあちゃんが降りてきたのやった
うわぁ〜てみんな驚いたけど、とりあえずトロピカル光線で闘ってみたよ僕は
でもおばあちゃんの体が風船でできていたからぼよ〜んて跳ね返って「タカラ家具」の看板が壊れてしまった
ヤバいと思って僕らは逃げようとしてる前でおばあちゃんは
「知らんわまったく最近のガキはめちゃくちゃや」て云うてふわふわ去っていくのやった
どこに行くのか気になった僕は後を追ってみました
おばあちゃんは歩くというより地面に爪先だけすってるだけで進みそのまま公園に入っていった
そしたらお花畑の中でおばあちゃんは小さくしぼんでしまった
死んだんか?と思った僕はおばあちゃんに駆け寄ってみたらばグウグウいびきをかいて昼寝中やった
しばらく僕も一緒に寝ていたらおばあちゃんがまたぶくぶく膨らみはじめて
「あらそうやった」と云いながらふわふわ去っていってしまった
寝ぼけていた僕は見失ってしまった、けど探そうとは思わなかった
おばあちゃんはもういっちゃったんやと感じることを思った
次の日家族みんなで祖母の8回忌のためにみんなで手を合わせました
また来年もふわふわ風船おばあちゃん降りてくるのかなぁと思いました

2010年3月 1日 00:54
「美化して、答えは。」

自分で作り出した世界に


なぜ物語を作ってしまうのだろう


具現化した想像の空間は


どんなものより美化してしまう


じゃ、なんでそれらはしゃべりかけてくるだけで


答えてくれないのか


もしくは死の世界を知っているからなのか


それを探す信号は黄色になって笑ってる


経済状況も黄色になって笑っとるから


蹴りたくなるわって呟く未成年は


お酒の味でも覚えてしまう


そうすれば少しは答えが聞けるやもしれないし


かもしれないけど


元から答えを知っていた不甲斐ない意識を所持していたからかもしれない


ということなのかしら

PAGE TOP